ログインされていません

今すぐ転職支援のプロに相談する

転職支援サービス 無料
About Us

求人募集・転職TOP > 求人特集

求人特集

<年間休日120日以上>ホワイトカラーの企業で働く

年間休日が120日の内訳は、週2日(104日)の公休に加えて祝日が16日。土日祝が休みになる職場は製菓・製パン業界では非常に稀ですが、シフトを調整して120日分の休みを取ることができます。また、中には夏季休暇・冬期休暇、会社独自の休暇制度を設けている職場もあります。体力を使うパティシエ・パン職人は休日を利用してしっかりとリフレッシュすることが大事です。プライベートとのバランスを取りたい方におすすめの求人を集めました。


カフェスペースあり!パティシエをしながらカフェ運営も学ぶ

パティシエの仕事は一言で言えばケーキ・洋菓子をつくること、製菓製造業務がメインですが、パティスリーの中にはイートインスペース・カフェスペースを併設し、作りたてのケーキを提供するお店も多くあります。カフェ併設のお店で働く人にとって、自分の作ったお菓子がどんな風に食べられているかを見られるのはやりがいでもあり、反応をダイレクトに受け取れるため商品アイデアにも繋がります。人と接することが好きな方、お客様の笑顔が何よりの喜びになる方にとって、エネルギー源を多く得やすい環境です。


洋菓子コンテスト常連!技術を試せる職場

洋菓子コンテストはパティシエの技術力を高め、試せる絶好のイベントですが、パティシエとして働いているすべての人が出場しているわけではありません。お店によってコンテストへの取り組み姿勢は様々で、毎年必ずみんなで出場する社風の職場もあれば、まったく出場しないところも。基本的には任意での参加になりますが、参加するとなれば勤務時間以外の時間を使って作品づくりを進めます。大会直前は体力勝負になる面もありますが、目標に向かって取り組むことでスキルアップになります。


老舗のパティスリー・洋菓子企業で働く

老舗(しにせ)とは、古くからある店舗や企業のこと。長年の経営で培ってきた歴史と、豊富なノウハウで築かれてきたお客様からの信用、そして地域の安定した顧客層を持っていることが特徴。長く続けていることでブランド力を高め、また親子3代に渡ってお客様となっているケースが多くあります。長く愛されているノウハウや秘訣を知りたい、伝統の味・独自の製法を知りたいと考えている方にとって、老舗店には学ぶべきことがたくさんあります。


パン職人×独立サポート制度のある職場

独立支援制度とは、一定期間勤めた社員に対し独立のためのサポートを行う制度です。支援の詳細は企業やお店により異なりますが、店舗の屋号などの使用を許可する「のれん分け」 やフランチャイズ契約などが一般的。確立されたブランド名で出店することで、開業当初から一定数の集客が見込めるのがメリットです。


一人暮らしも安心!社宅&引越し補助&住宅手当のある職場

出勤時間の早い仕事柄、どうしてもエリアにこだわってしまう方へオススメ!引越し資金や家賃をサポートしてくれる職場を集めてみました。


<関西×パティスリー>シェフとして働く

パティシエは技術職のため、職場の責任者であるシェフパティシエも技術の優れた人が就くことが大半です。またクオリティの高いお菓子を作り、円滑に業務を進行するためにスタッフを育てる必要があります。それぞれの長所・短所を見抜き、時にはたくさん挑戦させるなど、状況に応じた教育を進めていくのがシェフの役割です。加えて新商品の開発や売り上げ管理、材料の発注など仕事量は膨大。決して「楽」とは言えませんが、お菓子もお店もスタッフみんなで作り上げるやりがいのある仕事です。


長期的に活躍したい方へ!安定感抜群の大手・有名企業特集

労働時間、休日、給与はもちろん、社員の私生活もサポートする福利厚生が充実。社員数が多いから研修制度も整っており、安心して長く続けられる大手・有名企業の求人を集めました。


パティシエントからの紹介実績多数!

パティシエントのコンサルタントが厳選!関係性が築けているので内定率も高く、入社後もフォローがあり安心です。


幸せな1日を演出!ブライダルに携わる

一生に一度の思い出といえば、ウェディング。新郎新婦の絆を繋ぐウェディングケーキ作り、ゲストを笑顔にするデザート作りができるのは、ブライダル企業で働くからこそ味わえる醍醐味!そんなヤリガイたっぷりのブライダル企業での求人を集めてみました。


20代必見!若手が活躍する職場

同世代と切磋琢磨できる環境を求めている…そんな職場をお探しの方必見!20~30代の若手が活躍している求人を集めました。


確かな技術習得!オールスクラッチのベーカリー特集

生地をていねいに捏ねる時間は、パン作りの幸せのひとつ。確かな製パン技術を身につけるなら、やっぱり「オールスクラッチ製法」にこだわりたい!