ログインされていません

今すぐ転職支援のプロに相談する

転職支援サービス 無料
About Us

TOPパティシエントマガジン > 「ショコラは自然の贈りもの」をテーマに、今年もサロン・デュ・ショコラ2019が始まります!

特集・PR

「ショコラは自然の贈りもの」をテーマに、今年もサロン・デュ・ショコラ2019が始まります!


毎年1月、日本でも恒例化しているチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」が今年も開催されます!2019年のテーマは【ショコラは自然の贈り物 Tous les goûts sont dans la Nature!】。世界各地のカカオを、世界中のショコラティエが素材の魅力を活かした種類豊富なショコラがお目見えいたします。

チョコレート愛好家を熱狂させるこの一大イベントは、作り手のみなさんも気になっているのではないでしょうか?今回は1月23日(水)~29日(火)まで、東京・新宿NSビルにて行われるサロン・デュ・ショコラ2019、今年の見所をチェックしていきます!

今年も見逃せない、東京限定のセレクションボックス!

まずは毎年、サロン・デュ・ショコラだけで販売されるセレクションボックスをご紹介。セレクションボックスはフランス国家最優秀職人「M.O.F」の称号を手にしたショコラティエや、ショコラ格付け「C.C.C」で最高評価を獲得したシェフ、「ルレ・デセール」のメンバーが結集して作られる合作のショコラアソートです。

Nature(ナチュール)

こちらのボックスのテーマは「自然」。16名のトップショコラティエたちが惚れ込んだ素材をキーワードに、作り手の個性や独自の地域性や文化を紐解く、魅力あふれるボックスとなっています。

▲ナチュール(16個入:16ブランドから各1個)¥8,964(税込)

24時間かけて香りを抽出したニューカレドニア産のヴァニラを使用したガナッシュ、イングランド・マルドンのシーソルトを使った塩バターキャラメル、バーベナをメインフレーバーにしたガナッシュなど、様々な作り手の思い入れある素材と出会えます。

Fruit(フリュイ)

近年はカカオもフルーツのひとつとして捉えられるようになりました。カカオとフルーツの相性を裏付けるセレクションボックスが、こちらの「Fruit」です。このボックスには12種類がセレクトされていて、日本人ショコラティエの代表格である小山進シェフ、辻口博啓シェフも参加。

▲フリュイ(12個入:12ブランドから各1個)¥6,912(税込)

グリオットチェリーのジュレ×桜ティーにルビーグレープフルーツのピール、パッションフルーツなどなど……小山シェフは西表島産のグァバ、辻口シェフはラズベリー×ピスタチオと、それぞれの香りと味わいをたっぷりと楽しめます。

HAKKO(発酵)

▲HAKKO(8個入:8ブランドから各1個)¥4,320(税込)

カカオの発酵はショコラ作りに欠かせない重要な工程。発酵食品とのかけあわせで表現される自然の力と発酵の奥深さをテーマにした「HAKKO」には、8種類のボンボンショコラが集結しました。

このボックス作りはアルノー・ラエールやアンリ・ルルー、ジャン=ポール・エヴァン、セバスチャン・ブイエなど日本でもおなじみのショコラティエたちが参加。各シェフの発酵の解釈はいかなるものか?要チェックです!

20のブランドがサロン・デュ・ショコラ初登場!

毎年注目を浴びるのが、NEWブランド。今年も国内外から20ブランドが初登場します。ここからは、その中から3ブランドを厳選してご紹介。ショコラ界に新しい風を吹き込む気鋭のブランドをいち早くチェックしてみてくださいね。

MR&MRS RENOU(ミスター&ミセスルヌー)

2017年、夫婦でジュネーブに1号店をオープンし、半年後には2号店をオープン!2号店は製菓学校も併設しており、今スイスで注目されているブランドです。

2015年にM.O.Fを取得したクリストフ・ルヌー氏(写真左)、ヴァローナ社で香りなどをチェックする「官能評価」に携わっていたヴァネッサ・ルヌー氏(写真右)のタッグで生み出されるショコラは、直感で「美味しい」と思わせてくれるはず。

▲ショコラアソート ビーユ(6個入) ¥3,564円(税込)

▲マックサブレ(6個入) ¥4,104円(税込)

CHOCO²(ショコ・オ・キャレ)

2017年、パリ14区にオープンしたショコ・オ・キャレ。パトリック・ロジェやピエール・エルメなどのもとで多くの経験を積んだジャン=ピエール・ロドリゲス氏がオーナーを務め、パリで人気が出始めている注目株です。

彼のショコラの特徴は、店名を表す2センチ×2センチ×2センチの立方体ショコラ。中のガナッシュやプラリネのテクスチャーを感じられるちょうど良い分量を突き詰めた結果、このサイズと形状になったそう。ルービックキューブのようなポップなルックスと、緻密に計算された構成の味わいを確かめに、一度ブースをのぞいてみてください!

▲ショコラ アソート(27個入り)¥10,044円(税込)

▲タブレット サンサスィヨン ライム&ユズ ノワゼット(105g)¥2,700円(税込)

IKA CHOCOLATE(イカ チョコレート)

2017年、C.C.Cの外国人部門でゴールドを受賞。2018年でも外国部門賞の1人に選出された注目のショコラティエが日本初上陸。中東・イスラエルのイカ・コーエン氏が作り出すショコラは、オリーブオイルや死海のシーソルト、地中海のミックスハーブなど中東の要素をふんだんに取り入れたラインナップを展開します。

▲ビューティーコレクション(4個入)¥1,944円(税込)

会場でしか食べられないイートインメニューにも注目!

サロン・デュ・ショコラの見所ポイントといえば、その場で食べられるイートインメニュー。皿盛りデザートやパフェ、有名シェフがタッグを組んだコラボメニューなど、サロン・デュ・ショコラでしか味わえない豪華なショコラが揃っているので、訪れたらひとつは試してみたいところです。

今年、その中でもひときわ話題になっているのが「ジョンズホットドッグデリ×フリスホルム」。

ガストロノミーの国・デンマークの人気ホットドッグ店とBean to Barの実力者がコラボレーションした一品です!

また、サロン・デュ・ショコラは東京開催を皮切りに、京都・名古屋・札幌・福岡・仙台の全5都市で同時開催されます。それぞれの会場限定ショコラもありますので、お近くの会場情報を事前にチェックしてみてくださいね。

チケット購入はこちらから

サロン・デュ・ショコラ東京会場は昨年から、会場の混雑を緩和するために「時間帯別の入場」を実施しています。さらに今年からは平日15時以降の「当日券」も販売されるそうです。仕事が早く終わって「今日はサロン・デュ・ショコラに行けるかも!」と思ったら、ぜひ公式ホームページから当日券をチェックしてください。

サロン・デュ・ショコラ2019

期間:2018年1月23日(水)~29日(火)<一般会期>
時間:各日10:00~20:00
会場:新宿NSビル地階=イベントホール(東京都庁舎隣り)
住所:東京都新宿区西新宿2-4-1
※新宿NSビルのみ時間帯入場チケットを販売。
※各日・各時間帯、先着順で無くなり次第終了。
入場料:600円(税込)(サロン・デュ・ショコラ2019カタログ付)
詳細は下記URLより
http://www.salon-du-chocolat.jp/

主催:株式会社三越伊勢丹
後援:在日フランス大使館、貿易投資庁-ビジネスフランス
協力:エールフランス航空

この記事の筆者

あかざしょうこ

1984年生まれ。PATISSIENTの編集ライター。
サロショはまさにお祭りですね!何を買おうかな〜と悩む時間も楽しみのひとつ。行く予定の方は思いっきり楽しんでください!

一緒に業界を盛り上げてくださる、
ライターさん募集中!

パティシエントでは、一緒にマガジンを作ってくださるライターさんを募集しています。
まずは「気軽に話しだけ聞いてみたい」も大歓迎!お気軽にお問い合わせください。
>>お問い合わせフォーム ※「ライター希望」とご記載ください。
この記事をシェアする
この記事が気に入ったら…
SNSでPATISSIENTの
最新情報を受け取れます!