ログインされていません

今すぐ転職支援のプロに相談する

転職支援サービス 無料
About Us

TOPおしごとガイドパティシエになるには > 女性のパティシエ

パティシエになるには

2019/03/27


女性のパティシエ


お菓子を食べるのも、作るのも大好き!将来はパティシエになりたい!

そんな女性もたくさんいらっしゃるかと思います。同時に、実際女性がパティシエとして働くってどんな感じ?といった疑問もあるでしょう。

現在、パティシエは女性よりも男性のほうがまだまだ多い状況です。ここでは「女性のパティシエ」について、なぜ少ないのかということも含めて、詳しく説明します。

女性が苦労することとは?

力仕事や室温の低い作業環境

多くの女性が苦労するのが力仕事です。プロがお菓子作りに使う材料は全て大容量です。代表されるのは薄力粉とグラニュー糖で、どちらも20〜40キロ入る大きな袋で納品されます。スポンジ担当になればこの袋を一日何度も持ち上げて運んだり、計量したりすることになります。

次に体力の問題です。パティシエの仕事は、早朝からお店が閉店するまでの、長時間の立ち仕事です。基本的に毎日12時間程度は働くと考えておいた方がよいでしょう。一日の仕事が終わっても、職場に残って新商品の練習をしたり、マジパンや飴細工のコンテストに出す作品の制作をしたりすることもあります。さらに、繁忙期ともなれば日付が変わるまで働くこともあります。

また、製造するお菓子によってはかなり低い室温で作業することになり、体が冷えてしまうことがあります。これにより体調を崩してしまう人もいます。

女性はパティシエに向いていないの?

もちろん作業環境は職場によって異なりますが、やはり体力のある男性と比べると、女性は不利な面もあるかもしれません。
では、元運動部で体格がいい女性しかパティシエになれないの?というと、そんなわけではありません。小柄で華奢な方も、パティシエの現場で活躍しています。

パティシエの職場環境になれるまでは疲れてしまうことも多いかもしれませんが、一生懸命仕事に打ち込んでいるうちに自然に筋力も体力もついてきます。

体力にあまり自信がないという方は、女性がオーナーパティシエをしている店や、多くの女性パティシエが活躍している店を選ぶとよいかもしれません。そういったお店では重い物を運ぶ用のカートが用意されていたり、力仕事を任せられる機械が充実していたりと、女性が働きやすい環境が整っていることが多いです。力仕事を誰がどれくらいやるのか、といった部分は、お店の考えが現れる部分でもあります。

アルバイトでパティシエをしてみるのも一つの手です。正社員のパティシエとは仕事内容が異なる場合もありますが、雰囲気を知ったり立ち仕事に慣れることは十分できます。

これからパティシエを生業にしていけるのかどうか、アルバイト勤務なら、一度挑戦してみてから考えても遅くないでしょう。

成功する女性パティシエも増えている

パティシエは体力のいる仕事。そして、結婚や出産を機に退職する人も少なくありません。こういった理由から、お店で長年活躍したり、自分の店を出すパティシエは男性の方が多くなっているといえます。

しかし、体力勝負のパティシエの世界で成功を収める女性パティシエも増えてきています。男性と変わらない力仕事を任されるということは、男女関係なく成長できるチャンスがあるということです。しっかりと体力をつけて下積み時代を乗り切り、技術を身につけること。そこから女性ならではの感覚を生かしてお菓子作りができるようになれば、女性でもパティシエ業界で活躍することができるようになります。

女性パティシエが活躍できるポイント

スイーツ男子、なんて言葉もありますが、やはりパティスリーやデパ地下のお菓子売り場のお客様は女性が多いです。 同じ女性として、女性の求める物や流行がわかるというのはパティシエとして大きな強みでしょう。

女性目線でお菓子をより女性好みの物に変えていったり、流行の要素を取り入れた新商品を開発できればより人気がでます。 お菓子の味、見た目、サイズ感など工夫できる点はたくさんあります。また、女性ウケするお店の内装やインテリア、ケーキを入れる箱などもセンス良く選ぶことができるでしょう。

技術面においては、男性より指の細い女性は細かな作業をするのに向いています。ケーキの繊細な飾りや、マジパン細工など細かな作業を手早く正確にできるのはパティシエの大切な技術。そう行った面では、女性パティシエが有利になりやすい場面もあるかもしれません。

また、女性パティシエは、お菓子作りに興味がある人にとっては憧れの的です。お客様から声をかけてもらえたときにはにこやかに応じ、質問などに答えるようにするとよいでしょう。お店の1番のウリはもちろんお菓子ですが、どんなスタッフがどの様な接客をするかもとても重要です。お客様とコミュニケーションをとって、お店のファンになってもらえるように心掛けましょう。

この記事についているタグ:



関連記事


パティシエントの
転職支援サービスにエントリーする

自分がより輝ける職場を探しませんか?

製菓・製パン業界専門エージェント「パティシエント」では、900以上の求人からあなたにぴったりなお仕事をご紹介する「無料転職支援サービス」を行なっています。
プロのコンサルタントが内定まで転職をサポート! >>エントリーはこちらから