ログインされていません

今すぐ転職支援のプロに相談する

転職支援サービス 無料
About Us

TOPおしごとガイドパティシエになるには > パティシエに必要なもの

パティシエになるには

2019/03/27


パティシエに必要なもの


パティシエになる為に資格は必要ありません。また、専門学校卒業も必須ではありません。 しかし製菓業界の現場は、何も考えず、何の準備もなく飛び込むには厳しい世界です。 ここでは、パティシエとして働く上で必要なものを紹介します。

お菓子作りに対する情熱・熱意

パティシエの大半はお菓子作りが好きでこの世界を目指すことでしょう。 いざパティシエとして仕事をするようになってからも、その気持ちはとても大切なものです。

見習いの時期は、目の前の仕事を覚える事に必死になるあまり、つい忘れてしまいがちですが、本来パティシエの仕事は、美味しい洋菓子を通じて人を喜ばせること。 大好きなお菓子を皆に食べてもらいたい!もっと美味しいお菓子を作りたい!といったこの世界を目指した時の気持ちを忘れず、お菓子作りに対する情熱や熱意を持って仕事に向かう事で、より良いパティシエを目指していけるのです。

なぜ?を考える力

パティシエにはセンスや感性が求められる一方で、理論的に物事を考える力も必要となります。なぜなら、お菓子は料理と違い、小麦粉や砂糖といった形のない素材を使って形あるお菓子を作り出す、科学的な作業だからです。

同じ材料でも、季節によって濃度の変わる卵やバターのようなものもあれば、気温や湿度によって出来上がりが全く違うものもあります。 レシピ通り、手順通りも必要ですが、扱う食材やその時々の状態に敏感になり、少しの違いでも『なぜそうなったのか?』と考えること、素材について知ることが、良いお菓子を作るために重要な力となります。

体力と自己管理能力

パティシエは、繊細な作業もある反面、体力勝負の仕事でもあります。 毎日使う小麦粉や砂糖の袋は30kgありますし、重い鉄板や器具を扱い、持ち運んだり移動したりしなくてはなりません。そして、生地を混ぜたりクリームを泡だてたりという作業にも、意外と力が必要で、こういった作業を長時間立ったまま行うことも多いです。これを毎日続けることは、とても体力が要ります。

働いているうちに体力や筋力はついていきますが、基礎体力があることは大前提です。 特に繁忙期には早朝から遅くまで忙しい生活になるので、普段からきちんと自己管理をして体調を整えなくてはなりません。仕事を休んでしまうようでは、仲間やお客様に迷惑をかけてしまいますし、体調が悪い中の作業はミスが増え、周りのみならず自分が怪我をする事もあり危険です。 日頃からしっかりと健康を意識し、自分の体調管理をするのはとても大切なことです。

この記事についているタグ:



関連記事


パティシエントの
転職支援サービスにエントリーする

自分がより輝ける職場を探しませんか?

製菓・製パン業界専門エージェント「パティシエント」では、900以上の求人からあなたにぴったりなお仕事をご紹介する「無料転職支援サービス」を行なっています。
プロのコンサルタントが内定まで転職をサポート! >>エントリーはこちらから