ログインされていません

今すぐ転職支援のプロに相談する

転職支援サービス 無料
About Us

TOPおしごとガイドパティシエになるには > 男性のパティシエ

パティシエになるには

2019/03/27


男性のパティシエ


ケーキ、スイーツというと「女性的」なイメージが浮かぶかもしれませんが、これらのお菓子を作っているほとんどが「男性のパティシエ」なのです。
「男性のパティシエ」ってなんだか意外に感じるかもしれませんね。ここでは男性のパティシエが多い理由と、その活躍について紹介していきます。

実はパティシエは男性が多い

洋菓子業界で働いているパティシエは、ほとんどが男性です。お菓子作りの仕事なので、女性が多い職場のイメージがあるかもしれませんが、パティシエの世界はそうではありません。たとえ作るものがお菓子といえども、そこは「職人の世界」。師弟関係のなかで、一人前になるまでには厳しい「修行」に耐えていかないといけません。

とくに入りたての時は、「ケーキを作る事」なんて、夢のように遠い事。先輩やオーナーからの厳しい指導に耐えながら、掃除、買い出し、仕込みの準備などの雑用をこなしていく必要があります。

体力勝負の要素も大きい

パティシエの仕事には、作っている「お菓子」とは裏腹に、体力が必要とも言われています。一回に大量のケーキを仕込んだり、仕上げたりするために、大量の材料を使い、大きな道具、器材も使います。
具体的には、1袋20kg~40kgもある小麦粉や砂糖を持ち運んだり、大きなミキサーボールを担いで生地を焼き型に流し込んだり、ボートのオールの様な大きな木ベラでシュークリームの生地をかき混ぜたりなど…。
ショーケースに並ぶ「ケーキ」からは想像もできないような力仕事が厨房では行われているのです。また、毎日10時間近く立ちっぱなしなので足腰にもかなりの負担がかかります。

男性パティシエが活躍できるポイント

男性のパティシエが活躍できるポイントは大量の生地を仕込む時や、ケーキを仕上げていくときなど、まさに力仕事の部分です。大量に仕込んだスポンジの生地が入ったミキサーボールを持ち上げるのにはもちろん力がいりますし、シュークリームの生地、カスタードクリームなどを炊くときなどに使うのも「腕力」なのです。また、タルト生地、パイ生地を仕込む時や、麺棒で伸ばしていくときなども、「上半身の力」を使います。

力仕事に加えて、パティシエは長時間の立ち仕事かつ休日が少ないので、筋力以上に体力が必要になってきます。お菓子づくりには正確さや繊細さなども必要ですが、ベースの体力はとても大切なものです。

こういった事情を含め、女性は結婚や出産を機に現場を離れる人も少なくありません。パティシエの現場で長く活躍することができるといった意味では、男性の方が続けやすい仕事だともいえます。

この記事についているタグ:



関連記事


パティシエントの
転職支援サービスにエントリーする

自分がより輝ける職場を探しませんか?

製菓・製パン業界専門エージェント「パティシエント」では、900以上の求人からあなたにぴったりなお仕事をご紹介する「無料転職支援サービス」を行なっています。
プロのコンサルタントが内定まで転職をサポート! >>エントリーはこちらから