パティシエWikiロゴ

パティシエWikiロゴ パティシエのための製菓用語集「パティシエWiki」

パティシエWikiロゴ

フランスの小麦粉

カテゴリ:粉類

フランスの小麦粉
フランスの小麦粉【仏:Farine de blé(ファリーヌ・ドゥ・ブレ)】
フランスの小麦粉【仏:Farine de froment(ファリーヌ・ドゥ・フロモン)】


日本の小麦粉というと「薄力粉」「中力粉」「強力粉」「全粒粉」とわけられるのが一般的だが、フランスの小麦粉は分類方法が違う。
フランスの小麦粉はType+数字で粉の種類を表す。フランスの小麦粉と日本の小麦粉は成分での分類が異なるため、厳密には対比できるものではない。
フランスの小麦粉はハード系のパンが多いため、灰分の含有値で小麦粉を分類する。灰分が多いと小麦の味が強いグルテンの多い黒いパンとなり、少ないと小麦の味が弱いグルテンの少ない白いパンとなる。お菓子ならType45〜55が、パンならType65以上が適している。

フランスの小麦粉の種類

Type45

Type45は日本の粉で言うと薄力粉に当たる。
成分は灰分含有値が0.50%、麦1粒中使用されている量は70%である。
クグロフや折りパイ生地などこねないタイプのお菓子の生地に適している。

Type55

Type55は日本の粉で言うと中力粉に当たる。
成分は灰分含有値が0.50~0.60%、麦1粒中使用されている量は75%である。
菓子パンやブリオッシュなどの軽いパンやビスケットなどのお菓子に適している。

Type65

Type65は日本の粉で言うと準強力粉に当たる。
成分は灰分含有値が0.62~0.75%、麦1粒中使用されている量は80%である。
一般的なパン生地やピザ生地などに適している。

Type80

Type80は日本の粉で言うと強力粉に当たる。
成分は灰分含有値が0.75~0.90%、麦1粒中使用されている量は90%である。
一般的なパン生地からややハード系のパン生地に適している。

パティシエWikiは現場で働くパティシエのみなさんの
協力のもと制作されています。