パティシエのための製菓用語集「パティシエWiki」

灰分と小麦粉の等級

カテゴリ:粉類

小麦粉の分類

小麦粉の分類方法は大きく2種類ある。
ひとつは種類による分類で、もうひとつは等級による分類である。
小麦粉に含まれるタンパク質の量に応じて粉のタイプが異なる。タンパク質の多い順に強力粉、準強力粉、中力粉、薄力粉と分類される。この性質の違いは原料小麦の特性よるもので、硬質小麦からは強力粉、中間質小麦からは中力粉、軟質小麦からは薄力粉が作られる。そして、強力粉はパン、中力粉は麺、薄力粉はお菓子に使用するのが一般的である。

小麦粉の等級

小麦粉の等級は灰分と大きな関わりがある。
等級は、小麦粉の胚乳部分にある灰分の含有量によって分類される。
胚乳の中心部は灰分が少なく、外側にいくに連れて多くなっている。
灰分が少ない方が色が白くなりタンパク質量も少ない上級粉となり、灰分が多くなると茶褐色でタンパク質量が多い下級粉となる。
灰分値が0.3~0.35%のものは特等粉、0.35~0.45%のものが1等粉、0.45~0.65%のものが2等粉、0.7~1.0%のものが3等粉、そして1.2~2.0%のものが末粉と分類されている。
同じ成分でもより白くおいしくする必要がある一般のパンは特等粉や一等粉が使われ、色や揚げ色がきれいに出したいパン粉などは2等粉を使うなどというように分けて使う。