パティシエのための製菓用語集「パティシエWiki」

ワイン

カテゴリ:酒類

ワイン【英:wine (ワイン)、仏:vin(ヴァン)】

ブドウから作られる醸造酒で、大きく分類すると赤ワイン白ワインロゼワインに分けられる。この他にスパークリングワインや、発酵途中でブランデー等のアルコールを添加し発酵を止める酒精強化ワインがある。

近年人気が出ているワインとしては、白ワインで使うブドウ品種を赤ワインの製造方法で醸造した『オレンジワイン』がある。

製造方法

赤ワイン

熟した黒ブドウを果汁、果皮、種子を木樽やステンレスタンクで熟成、発酵させたもの。

白ワイン

ブドウの果汁のみを発酵させたもので、原料となるブドウは白ブドウ。

ロゼワイン

作られ方はいくつかあるが、代表的なものは赤ワインと同様に黒ブドウを発酵させ、ピンクに色づいてきたところで果皮、種を分離させる方法がある。

発酵した液体は、澱(おり)という沈殿物と上澄みの部分が分かれるので、澱が入らないように上澄みを別の容器に移し替える作業を行う。
その後、ろ過処理を行い、不純物(もろみなど)をとり除いたものが瓶詰めされる。

現在では、ノンフィルター(にごりワイン)を意図的に作っている醸造所もある。にごりワインは、ろ過されたワインに比べると果実繊維や酵母が多く残っており、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれている。

特徴

ワインは日本酒などの他の醸造酒と違い、熟成が可能である。
熟成により、深みがでる、風味の複雑さが得られるなどの効果がある。熟成に向くのは主に赤ワインで、タンニンやアントシアニンが含まれるもの。白ワインは長期で飲み頃を迎えるものもあるが、貴腐ワインなどの高価なものが多い。

使用用途

赤・白・ロゼワインは、フルーツのコンポートやマリネ、ゼリーなどの風味付けに、
スパークリングワイン(シャンパン)はソルベ、ゼリー、ボンボンショコラに使われる。
酒精強化ワインはバターケーキやクリームの風味付けに使われる事が多い。

ワインの種類

赤ワイン
白ワイン
ロゼワイン
シャンパン

パティシエWikiは現場で働くパティシエのみなさんの
協力のもと制作されています。