パティシエのための製菓用語集「パティシエWiki」

ロゼワイン

カテゴリ:酒類

ロゼワイン

黒ブドウから作られるワイン、また、赤ブドウや白ブドウを混ぜ合わせて作られたワインをさす。
一般的には、黒ブドウを原料に赤ワインと同じ工程で作っていく。
他の製法としては、ワインに色がついた時点で果汁から果皮や種子を分離させる(マセレーション法)や、黒ブドウを原料に発酵後の果汁を抜き取る方法(セニエ法)、黒ブドウの果皮で果汁に着色する直接圧搾法がある。

ヨーロッパのワイン法では、完成した赤ワインと白ワインを混ぜてロゼワインを作ることは禁止されており、例外的にシャンパーニュのみで許されている。
甘口~辛口までのタイプがあり、シャンパンやスパークリングでもロゼは多く、その華やかな見た目からもお祝いの席で使われることが多い。

特徴

ロゼワインといってもその色味は様々、黒ブドウを使ってその渋みを調節している事もある。基本的にはフルーティーなものが多いが、比較的濃いピンク色をしているもののほうがより渋みを感じる。

保存方法

保存の温度帯、飲み頃は白ワインと同様で、8℃前後で保存し、早いうちに飲む事が望ましい。


パティシエWikiは現場で働くパティシエのみなさんの
協力のもと制作されています。